自転車は身体にいいよっていうけど具体的に何がいいの?

ウォーキングのメリットを多くまとめたんですが、今回は自転車バージョンってことで自転車のメリットをまとめていこうと思います。

 

・肥満率が低い

イギリスでは自動車のみの通勤の人に比べて自転車通勤の人は、体脂肪率が3%ぐらい低いと分かっています。小さいと思ったかもしてませんが、体脂肪の3%って見た目でも差が出てくるぐらいなので、実は結構な差なんですよ。

 

・通勤時のストレスが低い

自動車、電車、自転車 通勤で比較したときにストレスレベルが最も低いと研究で判明しています。また、朝のストレスレベルがその日の幸福度を決めると言われていて、人生の幸福感にまで影響が出てくるかも。

 

・スタミナが付く

自転車をこぐときの負荷の違いなどにより差はありますが、スタミナは付きます。

スタミナが付く=心肺機能が向上するってことです。

心肺機能が向上すると

・疲れにくくなる

・死亡率が大きく下がる

・心疾患のリスクが下がる

って感じのメリットがあります。

 

余談ですが、スタミナを短時間で鍛えたいって方HIIT風にやるのががオススメ。

20秒ぐらいガッーとこいで、10秒休憩を繰り返す感じでやればスタミナは付きやすいですよ。

「101歳のおじいちゃんが103歳になってスタミナが上がった」なんて話もあるぐらいなので年齢関係なくスタミナは鍛えた方がいいですよ。

 

・IQが上がるかも

運動をすることでBDNFとよばれる物質が分泌されます。これは脳神経や機能の発達を促すたんぱく質で、頭をよくする物質として「脳を鍛えるには運動しかない!」で取り上げられています。これもメリットなんですが、こんなややこしい話ではなく、たんに心肺機能が高いおかげて脳に行く酸素の量が増えるから頭が良くなるかもって説もあります。まあ、どっちにしろ身体だけではなく頭にもいいってことですね。

 

 

ウォーキングのメリットもぜひ

paseri-pt.hatenablog.com

paseri-pt.hatenablog.com

 

参考図書